2009年02月25日

「ラ・ボンバンス」で第9回ぷち司牡丹の会ぜよ!

 昨日の2月24日(火)は、西麻布の日本料理店「ラ・ボンバンス」(港区西麻布2-25-24-B1F TEL:03-5778-6511 http://www.bombance.com)で、「ぷち司牡丹の会」〈第9回「冬の名残と春の走り」〉を開催したがぜよ。ちなみに前回の秋の会は、昨年の「10月16日」のブログをご参照くださいや。

 さて、まずは17時半ばあにワシと、この催しの主催者・きき酒師のココマリちゃんがお店に集合。いろんな準備やら打ち合わせらあをしたがやき。今回のご参加者はワシとココマリちゃん含めて23名。ホンマは16名ばあで満席のお店に、またまた今回も過去最高の大入り満員ながよ。出品のお酒も、ご覧の通りの9種類と仕込水と、特別出品のもう1種類もあるがぜよ。全出品酒2009.2.25出品酒12009.2.25出品酒2











 
 さて、順次お客様も集まって、まずはウエルカムドリンクの「花と恋して・微発泡」(微発泡性・低アルコール純米吟醸酒)をお飲みいただき、定刻の19時ちょい過ぎにゃあ開宴ながよ。まずはココマリちゃんとワシのご挨拶。ほんで、「花と恋して・微発泡」で乾杯して、始まり始まりながぜよ。2009.2.25開会2009.2.25ウエルカムドリンク












★ウエルカムドリンク&乾杯酒:花と恋して・微発泡(微発泡性・低アルコール純米吟醸酒)
●「司牡丹で乾杯!今年モー良い福がありますように」花と恋してと前菜
 まずイキナリ皆さんにごめんなさいやったがよ。この「司牡丹で乾杯!今年〜ありますように」っちゅうんが、まさかお料理名やとは思うてなかったもんやき、ワシの想定しちょったお酒とお料理の組み合わせメニューからは、はずれてしもうちょったがやき。まさかこんなお料理名らあて思いもよらんき、岡元料理長さんのご挨拶文やと思うちょったがよ。牛肉とフグの握り寿司で、「今年モー良い福」っちゅうネーミングになったようながやき。ほんじゃき、お酒との相性はあんまり考えんとってくださいや!ごめんなさいぜよ!・・・まあけんど、皆さん「美味しい!」っちゅうて、悦んでいただけたがやき。




★司牡丹・生鮮酒〈春〉土州霞酒(薄にごり純米酒)
●「生湯葉 帆立入り温かい茶碗蒸し 白玉からすみ団子 春キャベツとフカヒレのスープ」に合わせてかすみ酒と茶碗蒸し
 春キャベツの甘みとシャキシャキ感、フカヒレの餡の風味、生湯葉のフンワリ感、帆立の旨みと白玉カラスミの旨みの効いた味わいが、まっこと見事!霞酒のやさしいホンワカした味わいにバッチリで、お酒が進むこと、進むこと!









★司牡丹・袋吊り今搾り(大吟醸しぼりたて薄にごり生原酒)2009.2.25袋吊り今搾りポトポト滴る大吟醸ポトポト滴る大吟醸2













●「土佐清水の天然鯛サラダ仕立て」「ワカサギのフライ&バジルタルタルソース」「イカニメシカケマスカルポーネチーズ炙り」「ウニ丼」「しらす入りのチーズパン」に合わせて
今搾り大吟醸と土佐清水の鯛
 さあ早くも、特別出品のスゴイお酒が登場!その名も「袋吊り今搾り」!酒造期間中の酒蔵を訪ねたとしたち、よっぽど運が良うないと滅多にお目にかかれんもんながぜよ。その蔵元の最高ランクの大吟醸酒を搾る際にだっけ用いられる、最も原始的な搾り方ながよ。「もろみ」をちんまい袋に詰めてヒモでしばって吊るすっちゅう方法で、圧力は全く加えんと、自らの重みと自然の重力のみで、ボトリポトリと貴重な酒の雫が、滴り落ちてくるがよ。その超希少な究極の純米大吟醸しぼりたてが目の前で搾られ、それをその場で即堪能することができるがやき!(※酒税法違反にならん方法で搾りゆうがぜよ。)

 このお酒を説明して、それまで布をかけて隠しちゃあった「今搾り」が登場!お客さんらあもビックリながよ。まあ、見てちや、このポトポトと滴り落ちる雫酒を!これを目の前で酌んで飲めるっちゅうがやき、そりゃ悦ばん飲ん兵衛はおらんがよ。いきなり皆さん、ケータイカメラでの撮影会になってしもうたがぜよ。
 
 とにかくお酒が「うまい!うまい!」と大人気で、アッちゅう間に搾られた分がスッカラカン!ここまで出されたお酒も全種類カラになってしもうちょって、皆さん早くもお酒がない状態に!急遽、後半で楽しんでいただく予定やった「もろみ酒」を出すことにして、吊り下げられちょった「今搾り大吟醸」の袋を開けて、トロットロの「もろみ酒」をご堪能いただいたがやき。生命力あふれるフレッシュな風味とまったりした食感と豊富な旨みとまろやかなコク・・・。まず誰っちゃあ口にしたことがない、究極のにごり酒に、皆さんまたまた大感激ながよ!これまたアッちゅう間に樽に開けた中身はスッカラカンになってしもうたがぜよ!こりゃこのペースは、まっこと皆さん大丈夫やろうか!?

★司牡丹・もろみ酒(大吟醸にごり生原酒)モロミ酒と酒肴 お料理は、もちろん全品ともこぢゃんとおいしかったけんど、特にイカとマスカルポーネチーズの炙った風味の「イカニメシマスカルポーネチーズ炙り」が絶品やったがよ!思わず「何コレ!?ウマッ!!」っと声が出てしまうがやき。これがまた、フルーティでトロッとした大吟醸モロミ酒と、見事なまでにマッチするがぜよ。

★司牡丹・本醸造樽酒
●「フォアグラのソテーと海老芋揚げ・鶏そぼろ餡かけ・九条葱・新じゃが煎餅」に合わせて2009.2.25樽酒とフォアグラ
 フォアグラのコッテリした独特の風味、海老芋の甘み、鶏そぼろ餡の旨み、新ジャガ煎餅のパリッとした食感らあが、こりゃクセになりそうなばあ見事に調和する味わいながやき。ほんで、こんな個性的な味わいにゃあ、樽酒の個性がバッチリの相性で、お料理とお酒が互いに引き立て合うがぜよ。「樽酒をワイングラスで、しかもフォアグラと合わせていただくらあて、生まれて初めて!」っちゅう感動の声が、あちこちから聞こえてきたがやき!


★司牡丹・封印酒(純米吟醸酒)
●「生若布と竹の子の煮物・木の芽」に合わせて封印酒と若竹煮ここで、うってかわってお酒もお料理も、優しい味わいのホッとする組み合わせ。若布と竹の子の旬の柔らかで見事な相性を、このお酒がやさしゅう包みこみ、全身から心の奥まで、ナチュラルな旨みがジンワリ沁みこんでいくがぜよ。

★船中八策・しぼりたて(超辛口・特別純米生原酒)
●「越後牛モモのローストビーフ」に合わせて船中しぼりたてとローストビーフここで再び個性的な、ガツンとくる組み合わせながよ。ローストビーフのタップリの旨みと、「船中しぼりたて」のフレッシュ&どっしりのリッチな旨みが、まっことインパクト抜群に迫ってくるがやき。こりゃまた、タマランぜよ!盛り上がる美女たち












★かまわぬ(山廃仕込純米酒)
●「焼き金目鯛のハリハリ鍋・焼き葱・お豆腐・水菜」に合わせてかまわぬ燗と鍋物待ってましたの岡元料理長お得意のダシの効いた小鍋が登場!香りだっけでヨダレがあふれ出すばあの金目鯛のダシと炭火で焼いた葱の香ばしい旨み、そこに水菜のシャキシャキ感が加わって、桃源郷に誘われるような錯覚に陥るばあ、まっことウマイがぜよ!さらにここに「かまわぬ」のベストなぬる燗!もはや言うことなし!それこそ、脳ミソがトリップしてしまいそうながぜよ!

 ここで岡元料理長お得意の、メニュー外のちょこっと珍味。「船中しぼりたて」を使うた「酒盗のジュース」の登場ながよ!お酒と珍味が同時にいただけるこの不思議なお料理に、皆さん「こりゃイケる!」と大悦び!あぁ・・・まっこと白旗!完全降参ながぜよ!

★龍馬からの伝言・日本を今一度せんたくいたし申候(超辛口・純米酒)
●「長崎さんの日本一の野菜たち」に合わせて日本を今一度〜と野菜長崎さんのバジルこの辺りで興奮をチクと覚ますような、しっとりと落ち着いた組み合わせ。お野菜のやさしい旨みが生きた酒肴と、こぢゃんとキレのえい超辛口純米酒ながよ。お互いに派手さはない地味な組み合わせやけんど、心の底からやさしゅうなるような、ホッと和む酒と肴ながぜよ。ちなみに長崎さんは、高知に住むワシの同級生。農家兼野菜ソムリエで、今回わざわざ野菜らあを送っていただいたがやき。ほとんど生のまんまのナチュラルな野菜の甘みに、皆さんこれまた大感激!特にキュウリの瞬間漬けが、うまいこと、うまいこと!お酒がナンボやち進んでしまうがやき!さらに、「ハーブの女王」の異名を持つ長崎さんの絶品バジルが、ビニール袋のまんまでみんなあに回され、その匂いをかぎゆう姿は、まるでヤバいクスリでもやりゆうみたいで、こぢゃんと面白かったがよ。皆さんその芳醇な香りに大感動!ちぎって食べる方が続出やったがやき。長崎さん、まっこと感謝感謝ぜよ!

★司牡丹・米から育てた純米酒(純米酒)
●「福福福福福福福 雑炊」に合わせて米から純米酒と福雑炊こちらもホッと癒されて、「くぅ〜〜〜〜〜っ!」と思わず唸ってしまうような組み合わせながよ。まろやかな旨みと豊かな生命力を感じさせる「純米酒」の常温と、フグのやわらかな旨みがタップリの雑炊・・・!こりゃあまっことタマランぜよ!

★源十(純米大吟醸原酒・秘蔵10年以上大古酒)
●「ぶらっく&ホワイト(黒胡麻シャーベットと白いコーヒー)」に合わせて2009.2.25源十とB&Wラストは、これまた岡元料理長の十八番の絶品デザートながよ。香ばしいコーヒーの風味とミルクの甘くまろやかな風味、黒胡麻のナッティーな旨みらあが、「源十」の熟成した丸く甘い、香ばしいタップリの旨みと見事に相い交わり、口中でトロけるようにたなびいていくがぜよ!こちらも皆さん、驚きの絶妙な組み合わせで、大感激の声があがったがやき。

 この時既にスタートから4時間が過ぎて、なんと23時!皆さん底が抜けるばあ楽しゅう飲んで、大騒ぎの大盛り上がりの、こぢゃんとえい満面の笑顔で、無事お開き。まっこと過去最高の盛り上がりっぷりやったがやき。皆さん大満足の、最高の笑顔で帰路につかれたがぜよ。平日の晩に、わざわざご参加いただきました皆さん、まっことありがとうございました!心から御礼申し上げますぜよ!・・・明日の仕事は、皆さん大丈夫やろうかのう?大盛り上がりの宴席2次会?の酒と肴爆睡美女













一升瓶にキス美女桶を飲み干すココマリちゃん

 さてさて、そっからさらに数人のお客様が残られ、岡元料理長さんも加わり、残ったお酒で、もう一盛り上がりながよ!カウンターでお酒とツマミと添い寝で爆睡する美女が現れるは、「司牡丹大好きっ!」っちゅうて一升瓶に接吻する美女が現れるは、主催者のココマリちゃんは「大吟醸モロミ酒」のチビッと残った分を「もったいない!」っちゅうて桶ごと飲み干すはで、まっことエライことになってきたがぜよ!

 それはさておき、岡元料理長さん、「ラ・ボンバンス」のスタッフの皆さん、そしてココマリちゃん、まっことありがとうございましたぜよ!感謝感謝ながやき!




土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック!
司牡丹酒造株式会社





この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
またまた、すばらしいラ・ボンバンスの夜だったようですね。皆さんの興奮が伝わってきました。
うちの野菜達が、酒肴になれて、よかった!
それにしても、キュウリの瞬間漬け、岡元料理長の技ですね。
ぜひ伝受お願いしたいと思います。
ココマリちゃんの豪快な飲みっぷりには、感動しました。またご一緒したいものです。
Posted by まあちゃん at 2009年02月26日 17:33
竹村さーん、ぷち司牡丹の会@ラ・ボンバンスも今回でなんと9回目でしたね。

会を増すごとに、盛り上がりっぷり♪
がパワーアップしているように感じます。

司牡丹の数ある美酒と、竹村さんトークが炸裂♪
盛り上がらない訳がないですよね。

そこにまた、岡元料理長の絶品メニュー☆
お酒とお料理が本当に、お互いの味わいを
更に引き立てあって、今回も最高のマリアージュでした!

本当にいつもありがとうございます♪
最後に呑み乾した『大吟醸モロミ酒』の味♪忘れません。

岡元料理長も、毎回お料理の腕が上がってますな!
本当に美味しくて、楽しくて、幸せになれちゃうお料理
感謝感謝です!

まぁちゃんさん、いつも最高のお野菜をありがとうございます。皆さん、大喜びでしたよー♪

是非是非、私もまたご一緒したいでーす!

次回は、企画盛り沢山の第10回!きゃー!!
楽しみですね。またまた、宜しくお願い致しますっ♪
Posted by ココマリ at 2009年02月26日 17:51
まあちゃん、コメントありがとうぜよ!
また、沢山の野菜をお送りいただき、重ねて御礼申し上げます。
お陰様で、ご覧の通り大成功に終わったがやき。また是非ボンバンスに行きましょうぜや!
あ、そうそう!まだ先やけんど、9月の連休中に岡元さんらあボンバンスの皆さんが高知に来ることになったがやき。秋の「旬どき」は、岡元料理長の料理ぜよ!
Posted by 竹村昭彦 at 2009年02月27日 07:27
ココマリちゃん、コメントありがとうぜよ!
いやあまっこと、お陰様で凄い会になりました!これも全て、ココマリちゃんがボンバンスをご紹介してくださり、会のダンドリや進行などをしていただきゆうお陰ながやき。改めて感謝感謝ながぜよ!
また、9月のボンバンスin土佐は、是非ご一緒にご参加くださいや!4月の「日本酒合コン」も忘れんとってよ!
Posted by 竹村昭彦 at 2009年02月27日 07:33
竹村社長様 司牡丹の皆様
先日も、最高な9回目となる「司牡丹の会inボンバンス」を本当にありがとうございました。竹村社長様、飲み酒師marikoさんのおかげで毎回毎回お客様皆様の幸せそうな笑顔と笑い声と温かいお気持ちと、ご縁をいただきまして本当に感謝しております。9月には、いよいよ夢の高知!です。
どうぞ宜しくお願いいたします。
長崎さん!
お野菜ありがとうございます。いつもあける瞬間から楽しみが始まり、食べると元気をいただき幸せになります。
長崎さんの温かい真っ直ぐなお人柄が伝わる、涙の出ちゃうお野菜です。感謝。    岡元 信
Posted by 岡元 信 at 2009年03月12日 02:58
岡元料理長さん、コメントありがとうぜよ!
また、いっつもまっこと素晴らしいお料理で「ぷち司牡丹の会」を開催いただき、重ねて厚う御礼申し上げます。さらに9月にゃあ、皆さんで高知にお越しいただけるとのこと。しかも、高知でボンバンスのお料理と司牡丹の会が開かれるらあて、まっことサイコーながやき!高知のみんなあを、ビックリさいちゃりましょう!
よろしゅうお願い申し上げますぜよ。
Posted by 竹村昭彦 at 2009年03月12日 07:29